えみどんとお菓子どんぶり

ポッキー・コロン・ビスコ  チワワ3兄妹の甘くておいしい成長日記です
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ キオクTOP病気 ≫ キオク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

キオク

少し前の話しです。


4月9日
みーくんが、平日にお休みがとれたので
茂原市のすいらんグリーンパークへ遊びに行きました。

1年ぶりのすいらん。

前回はプラムとスモモも一緒で
アジリティで遊んだり

フェンスをはさんで、大きなわんちゃんと競争をしたり
おもいっきり走りまわった思い出の場所です。
すいらん2011
そのときの様子はこちら
  ランナー
  4チー対抗選手権


ところがこの日
ポッキーは、全くまっすぐ歩けませんでした。
左へ・・左へ・・よろよろとしてしまいます。
ポッキー2
写真でも身体が左に傾いているのが
よくわかりますね。


広い芝生の敷地を
フェンスに沿って四角に歩くような状態です。


見かねて、リードをつけて
ゆっくり、ゆっくり歩きました。
ポッキー1


「これが現実」


もうあんな風には走れないことは
頭ではわかっていたはずなのに

1年前とのちがいに
胸が痛くなって、涙がでました。


コロンとビスコ
すいらんは初めてのビスコ
元気よくコロンを追いかけます。

その姿に少し救われた気持ちになりました。



すいらんグリーンパークから
車で10分ほどのところに

ポッキーたちのお里
ファニーポケット犬舎さんがあります。


ドッグランのあと遊びに行きました。


久しぶりの再会にみんな大喜び。


家族以外の人には警戒心の強いコロンも
ブリーダーさんにはチュー攻撃です。


初めてのお里帰りのビスコ。

最初はキョトンとしていましたが
すぐに、においや声を思い出して
おなかをみせて甘えていました。


優しいお人柄のブリーダーさんに抱かれて
ポッキーは安心した顔をしていました。


「なんか落ち着くんだよなぁ」
そう言っているようでした。


それから・・その翌日からなんです。

ポッキーは旋回が少なくなって
眼振もなくなって調子がいいんです。

お里に帰って
ブリーダーさんに甘えて
元気や勇気がわいてきたのでしょうか。


「脳が壊死すると記憶が失くなっていきます・・」
検査のあと、そう言われました。


でも、ポッキーのキオクは
まだまだ失くなってなんかいない。

衰えてなんかいない。


出かけたり、人やわんことふれあったり・・。


五感を刺激することで
ポッキーには、きっといい治療になっている。

そう思ってしまいます。


きのうの記事の元気な姿で

ねっ、効果があらわれているのが
よーくわかるでしょう。







壊死性白質脳炎は解明されていないことも多くて
まだまだ手さぐりな治療です。

この病気でがんばっているワンちゃんと飼い主さんの
少しでもお役に立てれば、参考になれば・・との想いから
ブログ村に登録をしています。


ご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。