えみどんとお菓子どんぶり

ポッキー・コロン・ビスコ  チワワ3兄妹の甘くておいしい成長日記です
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 病気
CATEGORY ≫ 病気
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

半年が経って


ポッキーの旅立ちから
ちょうど半年が経ちました。


リビングでは、ポッキーの分身が
今もわたしたちのことを見守ってくれています。

「おはよう」「おやすみ」
「行ってくるね」「ただいま」
これまでと変わることなく、ポッキーに話しかけています。


IMG_5900_convert_20141022160144.jpg


IMG_5901_convert_20141022160209.jpg


あの日は つい、きのうのことのようなのに
春から夏へ
そして秋も深まってきました。

きもちは置いていかれるばかり。
それでも季節は流れてゆきます。



どんなときにも寄りそって
仲のよい姉妹 コロンとビスコ。
彼女たちの笑顔に支えられています。

IMG_5851_convert_20141022160100.jpg



ご心配をおかけしました。
わたしの身体ですが
おかげさまで順調に回復しています。


IMG_5738_convert_20141022155906.jpg



退院してまもなく
乳がんの再検査がありました。
画像診断で気になる箇所があるとのことで
細胞や組織を採取して病理検査へ提出しました。

「そんなに心配しなくても大丈夫ですよ」

昨年、がんで父を亡くしているわたしです。
その可能性をついつい考えてしまい
2週間後に結果がでるまでは
不安で不安でたまりませんでした。

途中、風邪をひいたり、疲れやすかったりと
横になって過ごす日も多くありました。

IMG_5753_convert_20141022155951.jpg



結果は良性。
本当に身体の力が抜けるくらいホッとしました。
手術で摘出した卵巣も良性でした。


気分がスッキリ晴れたところで
まずは近所の公園をお散歩することからリハビリを始めました。


そして徐々に範囲を広めていって
コロン・ビスコとお出かけをすることが
とてもいい運動になりました。


IMG_5880_convert_20141022160118.jpg


療養しながら、ポッキーのことをいつも想っていました。
犬生の半分以上は病気との闘いでした。
それが、どんなに悔しかったことだろうなと・・。


IMG_5718_convert_20141022161030.jpg



もっともっと
いろんな場所に連れて行きたかった。
おもいっきり、広い場所で走らせてあげたかった。


IMG_5726_convert_20141022161049.jpg



想いはつきません。

そして、いろんなことが、よみがえってしまったのかもしれません。
きもちを文字に出来なくなってしまいました。

IMG_5760_convert_20141022160015.jpg


近況や感謝のきもちも書けない日々が続いて
この1ヶ月くらいは、すっかりブログから遠ざかってしまい
本当にご心配をおかけしました。




半年という節目を迎えて、今はこう考えています。

「すべてはポッキーから始まっていて、そしてポッキーにつながっている」


IMG_5965_convert_20141022160336.jpg


コロン・ビスコを迎えたことも
キャンディと親戚になれたことも

IMG_6019_convert_20141022160753.jpg



たくさんの出会いがあったことも
すべて、ぜんぶポッキーがいたからこそ!なんだと。


IMG_6020_convert_20141022160422.jpg



ポッキーの姿がない現実は
さみしくてさみしくて
会いたくて触れたくてたまらなくなります。


それは、コロンとビスコもおなじなのだと思います。

ベッドもカートも
不思議なくらいかならず、ポッキーの場所が空いています。

IMG_5929_convert_20141022160232.jpg


姿がみえないだけで
本当はいつもそばにいるのかもしれませんね。
IMG_5931_convert_20141022160254.jpg



1年前のポッキー。
IMG_5792_convert_20141022160039.jpg


「のんびり ゆっくりだよ」
ポッキーがそう言ってくれているようで
うまく書けなかったけれど
久しぶりに更新をしてみました。

やっとビールが美味しいと感じるようになりました。
食欲もあります。
大丈夫、えみどんは元気です!

いつも応援してくださって本当にありがとうございます。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

保険のこと

ポッキーが一生懸命にがんばっていたので
これまで、なかなか書く気持ちになれませんでしたが・・。

今日は保険の話しをしたいと思います。


IMG_4906_convert_20140722131325.jpg


3頭目のビスコを迎えたとき
ポッキーは2歳 コロンは1歳でした。
この時点で、どの子もペット保険には加入していませんでした。


もう少し先になって考えればいいかな・・
そんな感じでいたんです。


IMG_4907_convert_20140722131401.jpg



ビスコを迎えてまもなく
ポッキーの歩き方に違和感を感じて病院へ行きました。
そこでは椎間板ヘルニアの疑いがあると・・・。

だぶん・・とか、・・だろうの予測でしたが
ステロイドの治療が始まりました。

そして数ヵ月後、その診断にも違和感を感じて、別の病院へ。
東大でMRI検査を受けることにしました。

全身麻酔の不安もありましたが
ハッキリと診断がついたほうが
しっかりと治療が出来て、早く回復するはずだと考えたのです。

確定した病名は「壊死性白質脳炎」
治ると思っていた病気は治せない病気でした。


だからといって、ポッキーには
できる限りポッキーらしく、兄妹一緒に過ごしてもらいたい。


毎週の診察、検査、たくさんの薬。
感覚がマヒしてしまうほどの出費でした。
わずかな貯金はあっという間に消えてゆきました。


定期的に診察と血液検査をしてカラダの状態を把握する。
その結果によってお薬内容や量を検討する。

ポッキーが生きるために大事なことは
なにひとつ削ることは出来ません。


「保険に入っていればね、ぜんぜん違うのにね」
「でもポッキーはがんばっているんだから、その話しはやめよう」
そう みーくんと決めました。


何度か、コロンとビスコを保険に加入させようと考えましたが
忙しさと、心とお財布に余裕もなくて、つい見送っていました。



そして今
ポッキーが旅立って、あらためて保険について考えました。
その分、貯金をすればいいかなとも思いました。


IMG_4785_convert_20140708112434.jpg



ポッキーのような難病は、希なことだと思います。
それでも、コロンはたまにお腹をこわして下痢をします。
おてんばなビスコが、ケガをすることだってありえます。


血液検査だけでなく、レントゲンやCTを撮ることもあるかもしれません。
そうなれば、費用はぐーんと高くなるはずです。
そのとき、せめて半分でも負担が軽くなれば・・・。


IMG_4782_convert_20140708112407.jpg


何社かのパンフレットを取り寄せて比較してみました。
各社それぞれに特徴があります。
保険金額は年齢とともに上がります。


限度額内なら
保険金の支払い回数や1回の支払い金額に上限のないもの
軽度の病気やケガで通院をした場合を想定して考えてみました。

多頭飼いですし、とりあえずあまり負担のない範囲で・・と。


そして先日ペット保険に加入しました。
手続きをする際には、写真を提出することになっていました。


・対象となるペットが1匹で写っていること
・ペットにピントが合っており、ぼやけていないこと
・上半身を中心にほぼ全身が写っており表情や毛色・模様が確認できること
・3ヵ月以内に撮影した写真であること


写真ならいっぱいあるけれど
いざ探してみると、お出かけのときは洋服を着ているし
家の中では姉妹がいつも一緒に写っているし・・。


仕方ない、撮影会決行!
それがなかなか思うように撮れません。


おすわりと言ったのに
なぜ、じっとみつめて伏せをするのか・・。
IMG_4837_convert_20140725120056.jpg


ビス怒ってる?
IMG_4841_convert_20140725120121.jpg



なにを競い合っているのか?
IMG_4848_convert_20140725120306.jpg



やけに色っぽいし・・。
IMG_4843_convert_20140725120143.jpg




で、結果こちらを提出しました。
IMG_4864_convert_20140725120201.jpg

IMG_4871_convert_20140725120324.jpg

笑顔がまるでない写真。
まぁ、毛色や模様を証明するためだからね・・。
せっかくだから笑った顔にしたかったなぁ。
自動車免許の更新のときも、たいてい変な顔になりませんか?
証明写真ってそんなものなのかな。


話しが少しそれましたが・・
いざという時のための保険。
なかなかスパッと決められないものですね。

ポッキーのように病気の診断がされてしまうと
入りたくても、もう入ることさえ出来ないということもあります。


保険には加入したけれど
出来れば病院に行くことのないように
コロン・ビスコ いつまでも元気でいてね。
そう願わずにはいられません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村







雨音と恋空

どんよりとした雲が
空いちめんを おおっているから
今日もポッキーに会えないみたいで
なんだかとってもさみしい。


梅雨入りして本当によく降りますね。
あおい空がみえない分
紫陽花の青やむらさきが、とてもきれいです。


仏教でいえば、きょうは49日。
はやいもので、ポッキーの旅立ちから
1ヶ月半がたちました。


さみしさを支えあうように
コロンとビスコは、今まで以上に
ぴったりとくっついています。

IMG_4463_convert_20140609141839.jpg


IMG_4462_convert_20140609141804.jpg



どこへ行くにも
なにをするにも、いつも一緒です。

IMG_4497_convert_20140609142049.jpg


IMG_4500_convert_20140609142140.jpg




発作の前日、4月19日は豊洲を訪れていました。
この日は肌寒くて風も強かったので
注文していた品物を受け取ったら、早々に帰るつもりでした。

でもこの日のポッキーは、じっとしてカートに乗ってくれませんでした。

「降ろせ~! 降ろせ~!」
カートから飛び降りるような勢いで、立ち上がります。

「きょうは ずいぶんとワガママ言うのね~」
仕方なく、カートから降ろしました。


すると今度は歩きたいと言うのです。
IMG_0463_convert_20140609141638.jpg



リードをつけると、しっかりとした足どりでわたしを誘います。
坂道だって平気な顔して、ぐんぐん進みます。

くるくると廻ることもなく、ふつうに歩いています。
信じられない! びっくりしました。
IMG_0464_convert_20140609141708.jpg



短い距離でしたが
3兄妹が並んで歩くことも出来たのです。
IMG_0450_convert_20140609141606.jpg




この場所、海がよく見えるっていうこと
ポッキーはちゃんと知っていたんだね。

お別れが近いことも気づいていたんだね。
IMG_0443_convert_20140609141534.jpg


大好きな豊洲。
どうしても最後に
自分のちからで踏みしめてみたかったんだね。



部屋の中は
ポッキーがいた時のまま。


いちごクッションも。
IMG_4501_convert_20140609142219.jpg



いちごハウスも。
IMG_4480_convert_20140609141916.jpg



でもね
どれも前より広く感じるんだって。
IMG_4169_convert_20140609153458.jpg




天気予報
この雨はいつまで続きますか?
あおい空が、とっても恋しいです。






にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

あらためまして、ポッキーの闘病中には温かい応援をありがとうございました。
また旅立ちの際には
たくさんのメッセージ、きれいなお花の数々を寄せていただきました。
ポッキー、とても喜んでいます。
本当にありがとうございました。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村




ガムを噛む

公園のバラが鮮やかに咲いています。

IMG_4302_convert_20140522152728.jpg



IMG_4309_convert_20140522152756.jpg



ポッキーが空へと旅立って
ちょうど1ヶ月がたちました。
_MG_2815_convert_20140522155609.jpg
3年前に、くまもこさんが撮ってくれた写真が
分身と一緒にテーブルのうえで笑っています。





どこか寂しそうなコロンとビスコ。
IMG_4293_convert_20140522152700.jpg



ポッキーに甘えて育った妹たち。
コロンはもうすぐ4歳に
DSCN9850_convert_20140522152557.jpg



ビスコは3歳になるんだよ。
ポッキーはいつも優しいお兄ちゃんだったね。
DSCN1852_convert_20140522152459.jpg



4月11日
発作がおきる9日前のこと。

ポッキーが、ハウスの前に置いてあったデンタルトイを
しきりに舐めていました。
IMG_3612_convert_20140522152631.jpg

噛みたくても噛めない。

もうずっとそんな日が続いていたのに
そのときのポッキーに、なにか強いものを感じて
わたしはガムを半分に折って
口元へ渡してみたんです。

やっぱり。
予感は的中しました。
全身をつかって、ガムと格闘をはじめたのです。

落としてはなんども拾って
うまく動かない手で必死に抑えようとします。

のどを詰まらせる心配もありましたが
「大丈夫」
わたしには確信がありました。


その姿を夢中で撮りました。
そして・・
これがわたしの撮った、最後の動くポッキーとなってしまいました。


ポッキーが強く生きていたあかし。
よかったら、一緒にほめてあげてもらえませんか。


[広告 ] VPS




[広告 ] VPS




[広告 ] VPS




なつかしい写真を
やっとみることができるようになってきました。
PCの前で、気がつけばもう夕方・・。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


励ましのメッセージ
ほんとうにありがとうございます!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村





あおい空


よく晴れたあおい空へ
高くたかく舞いあがって
ポッキーは空へ消えてゆきました。


IMG_3798_convert_20140430165530.jpg



愛用していたスタイを胸に
大好物だった手作りのささみジャーキーをお土産に・・。

ポッキーの旅立ちは
風もなくて、穏やかな陽ざしが降りそそいでいました。

IMG_3796_convert_20140430165508.jpg



そして
たくさんのお花にかこまれて
コロンとビスコの声がするリビングで
その分身はしずかに眠っています。

IMG_3870_convert_20140430165708.jpg



IMG_3861_convert_20140430165633.jpg




お兄ちゃん どこにいるの?

IMG_3879_convert_20140430165736.jpg



いつもの公園をお散歩していたら
黒いアゲハ蝶が、ひらひらと飛んできました。

次の日は、ツバメが一羽
わたしたちの頭上をすいすいと泳いでいました。





ボクはここだよ!

IMG_3836_convert_20140430165602.jpg




ポッキーが見守ってくれる空の下

コロンとビスコは
安心した表情で
久しぶりのドッグランを楽しんでいました。

IMG_3888_convert_20140430165801.jpg




その姿は見えないけれど
その優しいぬくもりを
いつまでも忘れないからね。


ポッキーに出会えた意味
強く強く生きてゆくからね。



あおい空が
本当に大好きだったね、ポッキー。

IMG_3563_convert_20140430165943.jpg





はやいもので
ポッキーが旅立ってから8日が経ちました。

そろそろオシッコの時間かな
お薬飲まなくちゃね

わたしの身体は、まだまだポッキー仕様で
体内時計は、正確に反応してしまいます。


ふと思い出すと涙が出ちゃうけれど
お腹も空くし
掃除も洗濯もしなくちゃいけない。

コロンとビスコとみーくんと
いっぱい楽しまなくちゃいけない。

ポッキーの分まで・・ね。

ゆっくりだけど
思い出をいっぱい胸に
わたしたちは
新しいスタートラインに立っています。



たくさんの温かいメッセージ
本当にありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

ご自身のブログに
ポッキーのことを書いてくださっている方が
たくさんいらっしゃること
とても嬉しくて・・
心からありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村






大好きポッキー

おとといの夜
ポッキーに再び発作がおきました。

投薬治療をしましたが
回復の兆しは厳しいものでした。

昨夜は自宅にもどって
家族みんなで過ごしました。






けさ、病院でお薬によって眠らせてもらい
11時4分 ポッキーは旅立ちました。


最期はわたしの腕に抱かれて
大きな目をぱっちりと開いて
笑って逝きました。


これまで、たくさんの温かい応援を
本当にありがとうございました。
まずはご報告まで。

えみどん





にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村






豊洲のサクラ

年度末
新年度に向けて、世の中なにかと慌ただしい。

増税前のかけこみ需要
32年間続いた いいとも最終回

そんなニュースは無関係とばかりに
なんとものんきな顔をして
我が家のわんこたちは
ぴったりとくっついて眠っている。


せっかく咲いた桜が散ってしまいそうなほど
ゴーゴーと風が吹いている。
そんな音も聞こえないのだろうか。
スースーと寝息をたてている。

IMG_3386_convert_20140331144036.jpg


家事があれこれたまっているはずなのに
そのゆったりとした空気につつまれて
わたしのまぶたも、だんだん重たくなってくる・・。


仕事をしていたころには
年度末最終日は、お昼もそこそこに
慌ただしく働いていたなぁと思い出す。

IMG_3387_convert_20140331144109.jpg



先週、ポッキーの左眼が真っ赤に充血した。

以前にも角膜が傷つき、潰瘍となり、さらに穴が空いた。

脳炎の影響からか、眠るときも眼が開いていることが多いため
眼は乾燥しがちで
薄い角膜は、ささいなことでも傷がついてしまう。

さまざまなことに影響を受けやすくなってしまったポッキーの身体。
またしても、角膜潰瘍を起こしてしまった。



偶然撮った一枚の横顔
眼球のくぼんだ傷がよくわかる。
IMG_3388_convert_20140331144142.jpg


目の傷は相当痛いらしい。
わたしだって、まつげやゴミが入っただけで
たまらなく痛いもの、ポッキーはその何倍も痛いはずだ。

炎症を抑える薬を飲んで
あとは点眼剤で様子をみるしかない。

悪化する前に
まぶたを閉じて縫う、フラップという処置も検討されている。

傷に絆創膏を張って保護するように
眼を閉じて保護したほうが、治りは早いかもしれないからだ。

ただし、免疫力が低下しているポッキーの身体には
縫うためのリスクを負うだけの
回復の見込みがあるかは明確ではない。


前回は自身の血液で血清点眼を作ったが
それも、今のポッキーの体力では
血清を作る充分な血液確保は厳しいようだ。






土曜日は大好きな豊洲へ出かけた。
出雲の女神さま
ミロモネママさんが会いに来てくれた。

お友だちのルルママさんもブログを読んでくださって
ポッキーに会いたい・・と駆けつけてくれた。


IMG_3334_convert_20140331143935.jpg

温かい胸に抱かれて
眼の痛みもだいぶ和らいだようだった。



「いつも応援ありがとう」
ポッキーなりのお礼のつもりだったのだろうか。


芝生に下ろすなり
急にふんばって、立派なうんちをしてみせた。


「ボクがんばってるよ」
コトバのかわりに、今できることで示してくれたようだ。

発作以来、うんちはほとんど2日おきに
浣腸しないと自力では出来なかったから
本当に驚いた。


「ポッキーくん、すごいね!」
女神さまにほめられると
誇らしげに、どや顔を決めていた。

豊洲ブルーの空の下
みんなで思いっきり笑った。


IMG_3329_convert_20140331143905.jpg


新年度も、またいろいろあるかもしれない。

でもまたきっと
ポッキーは、たくさんの奇跡を起こしてくれるはず。
そして、たくさんの笑顔を生みだしてくれるはず。


豊洲のしだれ桜
若い木だったけれど、キレイなピンクだった。
IMG_3338_convert_20140331143958.jpg


今年も、桜の約束
しっかりと果たしてくれたポッキー。



また来年もみんなで一緒に桜を見ようね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村






YES 脳

先日、テレビで脳科学を特集している番組を観た。
謎に満ちている脳の活動そして働き。

IMG_2814_convert_20140217223636.jpg


番組では、さまざまな最新技術や映像によって
脳がこれまでの常識をくつがえすような
驚くほどの働きをしていることを証明していた。


IMG_2813_convert_20140217223556.jpg


ひとことで言うならば
「脳は変われる」ということだった。


IMG_2834_convert_20140217223931.jpg


たとえ脳の一部が死んでしまっても
残った部分で機能を回復させようと
新しく回路をつないでゆく。


IMG_2835_convert_20140217223952.jpg



実際、事故で機能を失った方が
見事に奇跡の復活を成し遂げている。

もちろん
そこには、ご本人やご家族の支え
リハビリの努力は言うまでもない。
でも、その努力という刺激があってこそ
脳は活性化していくようだった。


IMG_2837_convert_20140217224012.jpg




脳が壊死してゆくポッキーの病気。
壊死性白質脳炎。

IMG_2826_convert_20140217223909.jpg



壊死した脳はポッキーの運動を妨げ
いちばん最初に視力を奪った。
そして発作が起き、さらに運動機能は低下した。


IMG_2823_convert_20140217223839.jpg


しかし、少しずつだが
ポッキーは元気になっている。
歩く、時には走る。
食べる、笑う、怒る。

見えない目で
ちゃんと見て、そして得意げな表情をうかべて
大好きなスキマに入りこんで笑っている。

記憶も残っていて
得意だったお手や伏せも出来る日だってある。


番組を観ているうちに
自然とポッキーの姿と重なって涙があふれた。

そうか、脳は変われるんだ・・と。


IMG_2817_convert_20140217223722.jpg



もちろん
補いきれないこともある。


IMG_2816_convert_20140217223654.jpg



でも
着実にポッキーの脳は変化している。


IMG_2820_convert_20140217223752.jpg


そう確信できる番組だった。





がんばろう。
って時にはツライ言葉だったりする。

だから・・
肩の力を抜いて
無理なく、出来ることを・・。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


オリンピックも終盤戦。
たくさんの感動をありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

噛みたい

無心に
ひたすらにおもちゃを噛む。
IMG_2685_convert_20140129154104.jpg


IMG_2686_convert_20140129154125.jpg



この時ばかりは
なにを話しかけても無視される。
IMG_2502_convert_20140129153928.jpg


IMG_2503_convert_20140129153950.jpg



噛むことで
歯の健康を保つことができる。
IMG_2688_convert_20140129154152.jpg

噛むことは
脳を刺激することにもなる。
IMG_2501_convert_20140129153902.jpg




ひたすらに噛む。
DSCN1820_convert_20140129153659.jpg


なつかしい。

1歳の誕生日を迎えたころの
あどけない顔のポッキー。
DSCN1822_convert_20140129153804.jpg



壊死性白質脳炎を発症して
ポッキーは次第に噛むということが、できなくなった。
DSCN1828_convert_20140129153828.jpg


ずっと気になっていた。
ポッキーだって噛みたいんじゃないかと・・。

大好きだったこのデンタルトイ。
ソフトタイプがあったので買ってみた。

口元にそっとあててみる。

ボツボツとした、その感触をたしかめるように
なめてはみるけれど
やっぱり、カミカミはできなかった。




先日の診察はサトウ先生が出張中で
副院長先生が診てくれた。

これまでもサトウ先生のお休みの際には
何度かお世話になっている。

ポッキーちゃんの生命力はすごいよね

診察室に入るなり、大きな声で迎えてくれた。
明るくて気さくな先生。

ていねいに聴診器をあてて
ポッキーの身体をたしかめている。



「ときどき
部屋の中を走りまわって、止まらなくなるんですが・・」

IMG_2689_convert_20140129154214.jpg


IMG_2676_convert_20140129154040.jpg



それはポッキーちゃんが動きたいからだよ。
そう、それがポッキーちゃんのストレス発散のようなもの。

以前のようにぶつかって
目に傷がつかないように気をつけていれば
好きなようにさせてあげてもいいんじゃない。

発作のたぐいじゃないよ。




そうだったのか。
噛みたいという欲求は満たされなくても
動きまわることで発散、解消していたんだ。




危ないからって
慌てて抱き上げなくてもいいんだ。


診察のあと、公園へ行った。
その様子が前記事の走る姿なのだ。



決して治ることはないかもしれない。

けれども
ポッキーはポッキーなりに

ぶつかったり、転んだりしながら
IMG_2691_convert_20140129154255.jpg


今出来ることを一生懸命にやっている。
IMG_2690_convert_20140129154234.jpg


安心したよ、ポッキー。

久しぶりに
右も左も、まんまるのお目目だね。
その顔は調子がいい、なによりの証拠だね。
IMG_2674_convert_20140129154016.jpg




調子がいいのは嬉しいけれど・・
いろんなスキマに入り込むから
目が離せません。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



ポッキー兄ちゃん
あたしにぶつかってくるから困ります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


今でも覚えてる

つい先ほどのこと・・
あまりにも感激しちゃったので
興奮したまま記事を書いています。


「おやつ食べようか~」
わたしのひとことで
サッと整列するコロンとビスコ。
IMG_2404_convert_20140108162725.jpg

そこへ、ベッドから起きだして
ポッキーがやってきました。
IMG_2409_convert_20140108162808.jpg


いつもなら、じっとベッドで待っているのに・・。



「ボクもちょうだい」
IMG_2405_convert_20140108162748.jpg






待て
IMG_2420_convert_20140108163112.jpg


お手
IMG_2419_convert_20140108163040.jpg


伏せ
IMG_2415_convert_20140108163021.jpg

IMG_2423_convert_20140108163145.jpg



ポッキーにも言ってみる。


待て
IMG_2414_convert_20140108162959.jpg


お手
IMG_2410_convert_20140108162857.jpg

わかりますか?
片手をちゃんとあげているんです!



伏せ
IMG_2412_convert_20140108162917.jpg
ゆっくり、ゆっくりと
手を伸ばしています。


IMG_2413_convert_20140108162938.jpg



壊死性白質脳炎と診断されたとき
キオクはだんだん消えていくと言われました。

でも・・今でも・・
得意だったことは、ちゃんと覚えているんです。


一生懸命、応えようとしています。


ポッキーすごいよ!

涙が出そうになりながら
慌てて撮ったから、ちょっとピンボケだけど。


嬉しくて嬉しくて、感激しました。



IMG_2429_convert_20140108163228.jpg

固形物は、ほとんど食べられないけれど
このおやつは、たまにちいさくちぎって
口に入れてあげていました。


パッケージの文字に誘われて買ったおやつ。
なんだか身体によさそうでしょ。
免疫力維持に効果が期待できそう?


効能はさておいて
コロンもビスコもお気に入り。
IMG_2424_convert_20140108163209.jpg

馬肉だけに
もう、ベロが出ちゃうくらい
ウマいらしいんです。





症状がすすんでも
食べることがいちばんの薬だと感じます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


そろって待つ姿
今度はみーくんがいるときに撮ってもらおうっと。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

心強い

みーくんはきのうからお正月やすみ。
連続9日間という大型のおやすみだけど
我が家の予定は全くなし。

のんびりすごそう
そう暗黙のうちに決めていたような・・。

おやすみ初日は
やっぱり豊洲へお散歩に出かけました。


お菓子な兄妹を歓迎してくれるように
風もなくて空は澄んだブルー。
IMG_2268_convert_20131229154946.jpg

IMG_2246_convert_20131229154749.jpg


ポッキーが笑っています。
IMG_2244_convert_20131229154729.jpg




今日はポッキーの年内最後の診察日。
血液検査では、また肝臓の数値が上がっていました。
IMG_2234_convert_20131229154543.jpg


GPTの正常値は10~50
ポッキーは413
調子がいいときでも100以下になることは
ほとんどありません。
IMG_2237_convert_20131229154604.jpg


これは長期にわたってステロイドを服用しているから
仕方ないことかもしれません。

肝臓や胃腸を保護するような薬や注射を調合してもらって
吐いたり、下痢をしないように見守っています。
IMG_2238_convert_20131229154647.jpg


春には大きな発作があったけれど
たくさんの応援に支えてもらったおかげで
ポッキーは新年を迎えることができます。


病院は元旦以外は通常診察。
体調の急変にも対応する準備をしてくれています。
サトウ先生、本当にありがとうございます。


同じ犬舎の仲間
プラムくんとスモモちゃん。
IMG_2261_convert_20131229154903.jpg


IMG_2253_convert_20131229154833.jpg

ポッキーが遊びに行くと
すぐに駆け寄って来て
「大丈夫か、痛いところないか・・」
そんな風に言っているようです。
優しいアニキです。



寝ているようで
いつもちゃんとお兄ちゃんを気にしている
コロンとビスコ。
IMG_2275_convert_20131229155013.jpg
頼もしい妹たちです。




ブログの更新をサボりがちなわたしですが
一日も欠かさずに続けたことがひとつだけあります。

ポッキーのお薬やオシッコの時間
食事の量などをメモする日記。
IMG_2266_convert_20131229154927.jpg


これを日々続けることで
ちいさな変化を先生に相談することもできるし
体調を把握するには、シンプルだけど活用できます。



普段、ひとりの昼間はどこか不安です。

ポッキーの震えが長く続けば
このまま発作につながるかも・・と思ったり
些細なことでも急に心配になったり。


でもこうして
みーくんがおやすみで家に居てくれると
なんだか安心します。
IMG_2206_convert_20131219163239.jpg

あちらこちら
気になる箇所があるけれど

また来年掃除しよう、片付けよう

今は貴重なおやすみの時間を大切にしなくちゃ・・ね。
(ってサボりの言い訳かな・・)




新年3日には再び診察&検査となりました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


温かいコメントやメールが本当に嬉しくて
とっても心強いです。
いつも気にかけてくださってありがとうございます。


みんなで集合するのはいつにしようか?
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村





チームお菓子

ハッピーハロウィン!

これは2年前のイベントで撮影してもらった1枚です。
111224006_convert_20131028142838.jpg
まだ4ヶ月くらいだったビスコ。
ちっちゃくて細ーい。




こちらは今月中旬、豊洲をおさんぽしたとき。
IMG_1539_convert_20131028142900.jpg


いちばんちいさかったビスコが
いちばん大きくたくましくなっています。

この洋服、ポッキーとビスコはサイズが逆転。
交換して着ています。



ビッちゃん大きくなったのね~。
IMG_1542_convert_20131028142918.jpg




このハロウィンの洋服を買ったころ
ポッキーの脚のふらつきが多くなって
病院を受診したのでした。


その時は椎間板ヘルニアの疑い・・という診断でした。

このとき、すでに発病していたんだね。
もう2年が経つんだね。
IMG_1547_convert_20131028142952.jpg


以前の写真をながめていると
コロンとビスコの成長を感じます。


その一方で
ポッキーの衰弱や変化もよくわかります。

それが・・ごめん、ちょっぴり悲しくて辛いよ。


ポッキーはまだ4歳なんだもの。



でもこうして
いつも兄妹そろっておさんぽして
IMG_1559_convert_20131028143009.jpg


おなじ風を感じて
クンクンにおいをかいで

まだまだこれから。だいじょうぶ。
IMG_1560_convert_20131028143029.jpg



同じ病気やがんばっているわんちゃんの参考になれば・・
今のポッキーのお薬内容をメモしておきます。
IMG_1562_convert_20131028143050.jpg

今年の春に大きな発作を起こしてから
錠剤のお薬は飲めなくなりました。

一日2回
3種類を服用しています。


①シロップ  イソバイド 脳圧を下げる

②シロップ  プレドニゾロン 免疫系・炎症を抑える(ステロイド)
        フェノバール  けいれん発作止め

③粉     プリンペラン・サワシリン 吐き気止め
        スパカール・コスパノン 肝臓・胆のうへ作用
        ファモチジン 胃薬
        その他 ビタミンEなど 

IMG_1563_convert_20131028143109.jpg


粉薬はクリニケアという液体の栄養食に混ぜて
飲んでいます。


ポッキーは免疫抑制剤は使っていません。
それに代わるものとしてステロイドの服用をしています。
現在は一日に2mg程度です。

2年という長期の服用によって
肝臓をはじめとする内臓疾患がすすんでいます。

IMG_1564_convert_20131028143129.jpg



血液検査をして肝臓値が高い時には
強肝剤を注射しています。


同じ病気でも
炎症箇所や症状によってお薬もさまざまです。

ちいさなカラダには
微妙なさじ加減でさえ、体調を左右することがあります。


定期的な診察や検査にくわえ
なにか変化があれば受診したり、注射や点滴をしたり。

一喜一憂
看ている飼い主さんの身もココロも疲れますよね。

わたしもいろんな方に励ましていただいて
こうしてポッキーと病気と向き合っています。


悲しいとか、辛いとか
時には声に出したり、弱音を吐いても
愛する我が子たちは
ちゃんとわかってくれていると思いますよ。

溜め込まないのがいちばんです。

一緒にがんばりましょうね。




苦いシロップもがんばって飲んでいます。
ポッキー本当にえらいぞっ!!
IMG_1573_convert_20131028143148.jpg




「チームお菓子」
これからも応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



お菓子を食べないと、いたずらしちゃうぞ!
あれ?違うか〜。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


海苔せんべい

お菓子の箱や袋のウラには
たいていこんなふうに書いてある。
CIMG4406_convert_20131007133241.jpg


高温、多湿の場所
直射日光の当たる場所をさけ
常温で保存してください。






コロンは中身のクリームと混ざり合い
CIMG4420_convert_20131007133512.jpg




ビスコはサクサク感を失った
CIMG4416_convert_20131007133433.jpg



秋晴れのさわやかな空は身をひそめ
このところ
変わりやすいお天気が続いている。


湿った空気におおわれて
じめじめムシムシ。

CIMG4411_convert_20131007133321.jpg




ポッキーは・・・
あまり歩きまわることもなく
おとなしい。
CIMG4419_convert_20131007133453.jpg




「ポッキーは海苔とかせんべいと同じだな」
みーくんが笑う。
CIMG4395_convert_20131007133151.jpg



お菓子は湿気が大敵



開封後は
どうぞお早めにお召し上がりください。


CIMG4399_convert_20131007133213.jpg




多少元気はなくても
飲んだり食べたり、オシッコも出ているし
だいじょうぶ。心配ない。


病気とのつきあいかた
ポッキーもわたしたちも、だいぶ慣れてきたようです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村



来週はドッグランでおもいっきり走りたいね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村








奇跡をのぞむなら

小雨がふる月曜日の朝

一週間のスタートをきるには
ちょっと拍子抜けなお天気かもしれない。

でも、いきなりトップギアに入れなくて済んだみたいで
今のわたしにはちょうどいい感じがする。



お天気がわるいと
ポッキーの調子を左右しかねない。

が、予想に反してけさはよく歩く、よく走る。
おまけにうんちもたくさん出た。


退院以来
家族全員でリビングに寝ている。
マットレスを敷くなり
そこはコロンとビスコの遊び場になる。
キセキ①

キセキ②

キセキ③



ポッキーを夜中に運んだとき
彼女たちだって
どんなに不安だったことだろう。
キセキ④



寄りそってポッキーの帰りを
じっと待っていてくれた。
キセキ⑤



奇跡をのぞむなら
泣いてばかりいないで
キセキ⑥


しあわせにはふさわしい
笑顔があるはず

キセキ⑦

キセキ⑧



コロンとビスコをみていると
ふと、JUJUのフレーズがうかんでくる。


夜明けをまちながら
みつめるその先には
キセキ⑨



探していた未来が
ほほえむ 両手をひろげて
キセキ⑩



歌の終盤はこうつづく・・

キミのいない現実(せかい)に
向きあわなきゃ いけなくなる

たとえ思い出すのも
つらいことだって 消えるわけじゃない


奇跡をのぞむなら ひとりきりでいないで
キセキ⑪ポッキーは強い子だよ。


手をのばせば
だれにでもコタエはあるから・・・



歌がやさしい雨のように
不安なココロを励ましてくれる。

にほんブログ村


小雨の降る月曜日は
ちょっぴりセンチメンタルになりやすい。

にほんブログ村



父が肝臓がんを宣告された。
白血病に打ち克った身体に
ふたたび試練が訪れた。

乗り越えられるから試練がある

出雲の女神さまが
そう教えてくれた。



父にもポッキーにも
さまざまな治療方法があるだろう。

でもいまは主治医を信じて
家族がサポートしてゆくのが
いちばんベストだと思っている。


ことポッキーに関しては
信頼のおける友人の励ましが
ポッキーだけでなく、わたしたち家族の
どんなに強い力になっているか・・。

これに勝る治療方法はない。

ほかを取り入れるつもりもない。
そうわたしは固く思っている。

この想いは揺るがないことを
ここにしっかりと記したい。



あゆみ

けさのことだった。
あさごはんを食べ終えると
ポッキーの様子がいつもとはちがう。
あゆみ①


脚をバタバタさせて
あゆみ②

まるで、ほふく前進をするかのように・・。
あゆみ③



もしかして・・?
わたしは急いですべらないマットをひいてみた。
あゆみ④


やっぱり。すごい!
あゆみ⑤


ポッキーが立ち上がろうとしている。
あゆみ⑥



ポッキーの異変に気がついて


ビスコも
あゆみ⑦


コロンも集まってきた。
あゆみ⑧



がんばれ!
あゆみ⑨



あと少しのところで
うしろ脚がふんばれない・・。



ビスコがいたわるように
あゆみ⑩


ポッキーの脚をペロペロとなめる。
あゆみ⑪



ふたたび起き上がっては
あゆみ⑫


黙々と
あゆみ⑬


そして何度も
あゆみ⑭


果敢にチャレンジするポッキー。
あゆみ⑮



ついにはうしろ脚を前へ一歩ふみだした・・。
そして、力尽きて腹ばいに横たわってしまった。



でもこの目の力
「まだまだやるぞ!」
そう言っているように見えませんか?
あゆみ⑯



寝たきりも覚悟していたし
床ずれができないように数時間おきに体位も変えて・・。

そんなポッキーが立ち上がるなんて・・!
びっくりして、嬉しくて、夢中で撮りました。

にほんブログ村


たくさんの温かい励ましのおかげです。
ありがとうございます。

にほんブログ村



チワワスタイル

ポッキーのけいれん発作から
10日がすぎました。

毎日の点滴や注射もひと段落

ステロイドや発作止めのお薬を
シロップにして飲んでいます。


一日ごとに
ポッキーらしい表情に戻っています。

首をあげてご機嫌
ゆっくり、ゆっくり

チャレンジ精神が強いポッキー

しかし、うしろ脚に力が入らず
今もなお、立ち上がることが出来ません。
あせるな!ゆっくり




それでも数時間ごとにトイレへ誘って
立ってオシッコをするトレーニングをしています。
ワン



支えている手のひらに
ポッキーがお腹に力を入れているのが伝わってきます。
ツー


ジャー
音をたててオシッコが出ると
ポッキーは一気に脱力してわたしに身体を任せます。


少しでも感覚が戻れば・・
すべての神経が動きを取り戻してくれれば・・
リハビリは続きます。
おっとっと・・



発作が起きたとき
40度以上の高熱が出ました。
いわゆる熱中症のような状態だったようです。

その影響で胃腸にダメージがあって
下痢の症状がなかなか治まりませんでした。

何度もゆるい便が出ることで
肛門やしっぽのつけ根は
真っ赤に腫れあがってしまいました。


食欲はあって
流動食をきれいに飲み干します。
おいしくて強くなる!


2~3日前からは
とってもくさーいオナラをするようになったので
腸が動き出したかな・・と期待していました。
瞳きらきら

そしてけさ
大きなオナラとともに、大量のうんちがでました~。
やっとうんちも固まってきたようです。





発作以来、初めて対面したプラムとスモモ。
「大丈夫か~」 「元気だしてね」
ポッキーの顔をペロペロとなめる姿には
じーんとしてしまいました。
5チー集合~
短い時間だったけれど
ツツジが咲く公園を一緒にお散歩できて嬉しかったね。





発信するって難しい。
発信することで繋がる喜びもあるけれど
発信することで悲しく辛いこともある。
気がきくコロン


4ヶ月間もブログの更新がとまってしまい
もうブログは辞めようかなぁと考え始めた頃
ある雑誌のライターさんからメールをいただきました。


私は愛犬とその飼い主さんのノンフィクションの物語を
記事にさせていただいております。

病気や事故、あるいは困難な状況に見舞われたときなどに
飼い主さんとその愛犬がご体験されたことをお聞かせいただき
他の飼い主さんたちに少しでも役立てていただければ
という思いで記事を作成いたしております。

ご体験をご紹介させていただくことは
他の飼い主様にとっても
意義の大きなものとなると思っております。




そうだった・・
ポッキーが壊死性白質脳炎と診断されて
いろいろ検索したけれど
情報が少なくて、途方に暮れたな・・
お兄ちゃん大好きビスコ

なにかお役に立てれば
そして、ポッキーのがんばりを残してもらえるのなら・・
そう考えて取材をお受けすることにしたのです。


もう一度ブログやコトバとむきあおう
ポッキー・コロン・ビスコの成長を
記してゆこう 想いをつづってゆこう


ブログを再開する
きっかけも与えていただいたのでした。



チワワスタイルVol.17
全国の書店にて発売中です。
チワワスタイル発売中


記事を読みました~と
もうすでにメールやコメントをいただいております。
読んでくださいね~



「おたがいがんばりましょうね」
心強いメッセージ、本当にありがとうございます。
応援ありがとう





辰巳出版編集部のみなさま
取材をしてくださった上遠野さま
心から感謝しています。

にほんブログ村


我が家らしい3チワワスタイルで
これからも楽しみます、がんばります!

にほんブログ村



温かいコメント
本当にありがとうございます。
ひと言ずつの短い内容ですがお返事を記しました。
わたしの身体までお気遣いをいただいて
感謝しています。
えみどん



おうちでICU

「ポッキーくん がんばれ!」

たくさんの温かい応援のおかげで
ポッキーはがんばり屋さんの根性をみせてくれました。


ご報告が遅くなりましたが
発作から3日目
27日の夜から、ポッキーは自宅に戻っています。
4/27 帰宅後1


発作が落ちついたら
ポッキーを連れて帰ろう・・
主人とそう決めていました。

たとえ危険な状態におちいったとしても
住み慣れた家で
コロンとビスコ、家族に囲まれていたほうが
ポッキーはきっと安心できると思ったからです。


ポッキー落ち着いています。
まだ、立つことは出来ません。
4/27 帰宅後2

1日1回
病院で注射と点滴をうけて
あとは自宅療養という日々を送っています。


コメントやメール、メッセージ
とても心強くて嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

なかなかお返事もかけなくて申し訳ありません。
4/27 帰宅後3


簡単になりますが
この数日間の様子を記したいと思います。

これからもひきつづき
応援よろしくお願いいたします。




4/27
ポッキーがいないと
家の中はしーんと静まりかえっています。

いつもはおてんばな妹たちもこのとおり。
4/27 朝 元気のない姉妹

ICUのお部屋でひとり寂しそうな姿。
お気に入りの毛布を置いていました。
4/27 ICU



4/28
帰宅して最初の朝。
ササミのゆで汁をおいしそうに飲みました。
のどがカラカラだったよ~ そう言ってるみたい。
4/28 ささみのゆで汁


体温調節が上手にできないので
1時間ごとに検温をして管理をしています。

水分の補給と尿のチェックも大切。



4/29
1時間ごとの検温で家族みんな寝不足気味。
4/29 朝1



ビスコのお腹はきもちがいいね。
4/29 朝2



休診日や休日にもかかわらず
主治医のサトウ先生は出勤して診察してくれます。

発作がおきた夜は
偶然にもサトウ先生が当直で
朝までずっと付き添って看てくれたのです。

感謝のきもちでいっぱいです。




病院の帰りちょっと寄り道。
4/29 病院の帰りに寄り道1



久しぶりの外の空気でコロンとビスコは嬉しそう。
4/29 病院の帰りに寄り道2




いいことありそうな予感。
4/29 病院の帰りに寄り道3




あの日の夜は
コロンとビスコもびっくりして不安だったよね。
いい子でお留守番してくれてありがとう。
4/29 お疲れコロン 

4/29 眠いビスコ 




4/30
流動食にチャレンジ。
自分で飲めるってすばらしいこと。
すごいぞ、ポッキー。
4/30 クリニケア1



いつもの食事風景がもどってきて嬉しいな。
キミたちはいつも一緒じゃないと・・ね。
4/30 そろって夕飯



ポッキーの強さに驚いています。
感激しています。


家族一緒に向きあう


これが今いちばんの
ベストな治療だと思っています。

にほんブログ村




にほんブログ村





けいれん発作




きのう昼間のおさんぽは
ぴょんぴょんと跳ねるみたいに
楽しそうに歩いていたね

つつじの花がとってもきれいだったから
クンクンしてよろこんでいたよね

強い子だよね


ポッキー
昨夜午前2時ごろ、発作がおきました。

ガタガタとおおきく震えて
手脚は突っ張って・・。


脳炎と診断されたときから発作の懸念はありました。

そのときのために渡されていた薬は
震えを止めることはできなくて・・。

ポッキーを抱えて
夜中に病院へと車を走らせました。

がんばれ


先生とみーくんとわたしの3人で
ガタガタと震えるちいさな身体を押さえて
けいれんを止める注射をしました。


そして・・
そのまま入院となりました。


今は体温を管理しながら
点滴をして眠っている状態です。

がんばり屋さんだよね



目が覚めて
なにごともなかったように

「えみどん、お腹がすいたよ~」って
笑ってくれるのを待っています。信じています。


にほんブログ村


コロンとビスコ
お兄ちゃんの帰りを待っています。

にほんブログ村





三日月

ポッキーの瞳に潤いをあたえる。

目薬がポタリと落ちて
瞳は水の膜でみたされてゆく。



診察をうけるまえに
いつもの公園へ寄ってみた。
先日のお花見以来だった。

サクラは葉桜に姿を変えていた。
新緑がまぶしい。


こんなところにすずらんが咲いている。


ちいさなちいさな
白い鈴たちに引き寄せられて
キミがいない夜だって


ちいさなキミたちを座らせてみた。
そう no more cry



ひさしぶりのお散歩だから
嬉しくて楽しくて、ずっと笑っている。
もう泣かないよ


ポッキーの変化に
キミたちも不安な毎日をすごしていたものね。
がんばっているからねって



不幸中の幸いとでもいうのか
ポッキーの瞳は
とりあえず潰れてしまうことは免れた。
強くなるからねって


水分をたっぷりふくんで
薄いうすい膜が瞳を守っている。


痛がるような仕草はない。

膿が出て、ぽっかりと空いた穴が
この数日間で
まさに目まぐるしく変化していった。


穴はちいさくなって
大きなくぼみは姿を消した。
キミもみているだろう



光にはわずかに応える。

でも、みえているのは
わたしの顔ではなくて
キオクのなかのわたしの表情。
この消えそうな三日月


混みあう病院の待合室では
夕陽がまぶしいくらいだったのに
診察室の小窓からみえたのは三日月だった。


においと音
鼻と耳


残された感覚を研ぎ澄まして
ポッキーは何ごともなかったかのように
ぴょんぴょんと歩いている。




大好きなsatomiさんが
「元気を出してね」と焼いてくれるクロワッサン。
あたたかい心のこもった手作りの三日月に
なんども救われている。

いつも本当にありがとう。
つながっているからねって



三日月が
帰りをいそぐ車の窓からもハッキリとみえた。


細くて、弱々しいと思っていたのに
その弓なりから放つひかりは明るくて強かった。

真っ暗な夜空で輝いていた。


愛してるからねって



きのうはプラムとスモモも
一緒に病院へ行きました。

狂犬病、フィラリア
予防接種の季節が到来。

どうぶつ病院もいちばん混む季節ですね。


にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村



瞳は・・・



お兄ちゃん、どうしましたか?
お兄ちゃん、どうしましたか?



なんですか?それは・・?
新しいお洋服?



コロンとビスコが
ポッキーの身体をくんくんとチェックしています。



ポッキー
きのうからエリザベスカラーを着けています。
どうしたの?



ポッキーの左眼
角膜潰瘍になってしまいました。



写真だとわかりにくいですね・・。
充血・・




眼の表面にある角膜。
常に涙でおおわれて保護されています。

ところが、眼の大きなチワワのようなわんこは
ふとしたことで角膜に傷がつきやすいようです。

傷がついた角膜は潰瘍になると
白くにごったようにみえて

さらに傷が深くなると
穴があいて眼がつぶれてしまうこともあります。



2月の中旬ころ
ちいさな白い斑点をみつけました。


なんですか、コレ?


大きくならないようにと
点眼薬で様子をみていたのですが・・

傷が深くなって
穴があいてしまったようです。


取ってあげましょか?



日曜日に
自身の血液で血清点眼を作りました。

血清は涙の成分にちかくて
角膜の再生をうながす効果が期待できるそうです。



ねぇねぇ・・




ポッキーの場合
ステロイドを長期に服用しているから
傷の治りが遅いのです。


おしえてくだちゃい



傷を治すためには
ステロイドの減量が必要です。

でもそれは、とても不安なチャレンジ。


そっとしておいてくれよ~


1日量 3.0mg もしくは 3.5mg服用していたのを

2.5mg そして 2.25mgと
少しずつ少しずつ、減らしています。


いちばん心配していたオシッコは問題なく出ています。
ふらつきも、ほとんどありません。

このまま 2.0mgまで減らせるかも・・。


あそんでくれるまで待ちましゅ。


角膜潰瘍は痛みをともないます。


いつもは我慢強いポッキーも
目薬のあとは暴れます、手で掻きむしろうとします。


痛いのはかわいそう。
痛みを はやく取り除いてあげたい。

スキマ恋しや・・



ソファの下にもぐる
カーテンの中に入ってかくれんぼ


そんなポッキーお気に入りの遊びが
カラーを着けていると出来なくて
少々ご不満な様子です。


もう少しの辛抱だからね。



優しい妹たちに囲まれて
ポッキーのチャレンジはまだまだ続きます。







前回、久しぶりの更新にもかかわらず
たくさんのご訪問、コメントをありがとうございました。

にほんブログ村



「お帰りなさ~い」
とっても嬉しかったです。

にほんブログ村



この場所はえみどんの支えになっています。
みなさまに心から感謝いたします。

にほんブログ村




ぬくもり

朝晩は
だいぶ冷え込むようになってきた


それでも
ガス暖房をするには
まだ少し早いような気がして


こんなときのピンチヒッター
速暖が得意な 赤外線ヒーターが登場する


ほんわか じんわり あたたかい
コロンとビスコ



食べもののにおいと 暖かい場所は
すぐさま感知する3チーたち



さっそく陣取って くつろいでいる
注意!お菓子溶けますよ~

空から撮影?




オレンジ色の光で
ほんわか じんわり あたたまる
ショウメンコロン

ヨコガオビスコ




ポッキーは
お薬にたよらなくても
なんとか一日一回 オシッコが出ている
ぼえ~



夜8時
大量のあたたかいオシッコが出て
わたしも一日の大役を果たしたような
ホッとした気持ちになる


視力はだいぶ衰えてきたようだ
なにかを目で追ったり
目があう・・ということが ほとんどなくなった


夜中に突然 
大きな声で鳴くことも増えた
ふと目が覚めたとき 真っ暗で不安になるのだろうか?



そんなとき
わたしはポッキーを抱き寄せて顔をくっつける



大丈夫だよ・・



とたんにスースーと寝息をたてて
ポッキーは夢の中へと戻ってゆく
ぽわ~ん



ポッキーにとって
今 いちばん大切なこと


それは
ふれあうこと
ぬくもりを感じること
あらあら・・


妹たちも
それをちゃんと理解している
あったかい けど おもい




カラリと晴れた秋晴れの日曜日

女神さまのぬくもりにふれて
出雲の女神さま



お友だちとふれあって パワーを感じたね
13チワワ大集合






この続きはまた次回・・。

にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


お薬日記

おてんばビスコがいないから
我が家は今日も静かです。


聞こえてくるのは
スースーちいさな寝息と・・・

ゴーゴーおおきな寝息。


みーくん、風邪でダウンしています。
ビスコのこと心配しすぎたのが原因かしら笑?
ゆっくり休んで治してね~。
明日はビスコのお迎えですよー。




写真は2~3日前のものですが
今日はポッキーの闘病の様子を綴りますね。



ポッキー
おしっこの回数が減りました。

なんどもなんども
ちゃんとトイレに行くのですが
出ない・・んです。
優しいコロン



うまく力が入らないのでしょうか?

うんちは
一日に1回から2回出ているのに・・。



きのうは明け方に1回してから

昼間も夜も夜中も出なくて
けさ、外に連れて行ってもやっぱりダメ。

このままじゃ、また膀胱炎になっちゃう・・
血尿がでちゃう・・

心配してもどうにも出ません。
お兄ちゃん 固まっていますよ



午前10時
ケージにシートを敷きつめて隔離状態に・・。

30分後
やっと、やっと大量のおしっこが出ました。

ポッキーもホッとした表情です。
「よくがんばったね」




ポッキー
お水を給水器からは飲めなくなりました。
もうちょっと上なんだけど



たぶん視力のせいだと思うのですが
うまく飲み口を探せなくて、到達できないんです。

さらに舌の力も弱くなったので
飲み口の球を上手に押せないのです。


今は給水器のほかに2箇所
お皿にお水を入れて
いつでも飲めるようにしています。
いちごのお皿





わたしは先月から
お薬日記をつけるようになりました。


簡単なメモは書いていたのですが
もっと活用できるものを~と

エクセルで表をつくって
1週間ごとの記録を残しています。
お薬日記


そうすると
薬を減量した2日後は調子がよくない・・とか

傾向が見えてくるようになりました。


お天気やおしっこの時間も
書き込みやすいように、もう少し改良しなくちゃ・・。



調子がいいときには
少しでもステロイドを減らせるように


「ポッキー がんばろうね」
朝陽をあびて



試行錯誤のくりかえしだけど・・
ポッキーがうまく病気とつきあっていけるように


「えみどんも一緒にがんばるよ」





ぺろりんが可愛い お気に入りの1枚です。
半年前には上手に飲めていたのにね。

にほんブログ村

ビスコはいい子にしてるかな?

にほんブログ村


にほんブログ村


心の準備

「マイク、おむつするようになったのよ」

涙声の母から電話をもらって
わたしたちは胸がしめつけられた。


反対がわの脚も痛がるようになり
今までのように
外での排泄は負担が大きくなったらしい。


10日前に会ったときは
玄関まで出迎えてくれたのに。


骨肉腫という診断から
まだ1ヶ月も経っていないのに。


病魔は容赦ない。
悲しいけれど、悔しいけれど
確実に進行しているのだろう。



それでも食欲はあって
大好きな野菜やお肉を柔らかく煮ると
喜んで食べてくれるという。


それが何よりも嬉しい・・と母。


でも・・



「食べたものは、もうマイクくんのためじゃなくて
 ガンのための栄養になるんだよね・・」

先生も複雑な心境でおっしゃったのだろう。



わたしは言った。
でも・・
それでも、マイクが喜ぶかぎり
お母さんのご飯を食べさせてあげてね。


いっぱい甘えん坊させてあげてね・・と。
大好きな笑顔





積極的な治療はしないと決めた時から
両親は覚悟をしている。

決断をしなくてはいけない日が
近い将来、やってくる可能性が高いことも。


しかし反面、その時が想像できないとも言う。



そりゃそうだ
どんな最期になるのかなんて
想像したくもない。無理もない。


でも・・
それでも
心の準備だけは、しておかなくてはいけない。


日々の介護よりも
なによりも
この準備こそが、いちばん大変で辛いことなのだ。


胸が苦しくなる。


マイク、みんなで見守ってあげるからね。
ごめん、今はそれしか言えないや。





ボクらは家族だもん。応援してるよ。

にほんブログ村



マイク兄ちゃんとおさんぽしたときの様子なの  ⇒   ☆ デジブック

にほんブログ村



マイク兄ちゃん 大好き!

にほんブログ村






楽しまなくちゃ。

先週は、みーくんの少しおそい夏休みでした。
暑さで疲れたカラダを癒そうと
水上の温泉へ行ってきました。


途中 立ち寄った「世界の名犬牧場」で
我が家のわんこたちは
初めてプールを体験しました。



さてさて、犬かきで泳げるのかな?
そーっと抱っこの手を離すと・・・・




ビスコはスイスイと
泳ぐの得意だよ ビスコ





コロンも目をまん丸にして
緊張気味 コロン






姉妹でシンクロを披露?
姉妹で水泳






ポッキーは・・
思うように手足が動かず・・・
ポッキーもチャレンジ!

でも楽しそうな顔をしていましたよ。







芝生に腰をおろして
濡れた毛を 風がさらさらにしてくれました。
想いにふけるコロン




風とポッキー





ホントは筋肉痛なの・・






この暑い夏を
ステロイドの量をときどき増やしながら
病気と向き合ってがんばったポッキー。

旅行はカラダに負担をかけるかな・・と思ったけれど

出来るかぎり いろんな場所に出かけて
風を感じたり、音を聴いたり、匂いをかいだり
たくさんの経験をしてもらいたくて。
迷犬牧場にて

となりには
お転婆な妹 コロンとビスコが、いつも一緒にね。




人生も犬生もおおいに楽しまなくちゃ・・・ね。







そんな矢先
とてもショックなお知らせが届きました。

みーくんの実家のダルメシアンのマイク

先月末から、足や腰を痛がるようになって
先日、検査を受けたところ
骨肉腫という診断をうけました。


旅行からもどって
みんなでお見舞いに行きました。




左の後ろ足は床につくことも出来なくなりました。
それでも わたしたちが到着すると
ケンケンしながら玄関まで迎えに出てきました。
マイク


10歳のマイク
骨肉腫は、大型犬の発症率が高いのだとか。

進行も早く
やがては肺に転移する可能性もあります。



マイクの今後の治療については
両親は強い気持ちを固めていました。



抗がん剤や放射線など
積極的な治療は行わないそうです。




おいしいものをいっぱい食べて
住み慣れた家で、甘えて寝そべって・・。
お互いがんばろうね
これがマイクにとって
いちばんの治療になるだろう・・・と。




わたしたちも、やはりそう思いました。
限られた時間は
マイクが大好きなものに囲まれることがいちばんだと。




昨年秋、マイクと初めて行った旅行
そこはレジーナの森でした。
整列


また今年も連れて行くよ~、マイク。



そう、犬生はおおいに楽しまなくちゃ・・・。








すっかりサボってしまったブログ。

またのんびりですが、ぼちぼち再開します。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村


ずっと元気だったえみどんも
この残暑で疲れが出てしまいました。
皆さまも気をつけてくださいね。

にほんブログ村




にほんブログ村




きょうの占いだって 1位の日もあれば
コロン



最下位の日だってある。
笑顔のビスコ




晴れる日もあれば、くもりや雨の日だってある。
姉妹




いつもいつもが順風満帆なんて
そんなことはないこと、わかっているつもり。
走る




だけど
こんなに笑顔で、こんなに楽しそうな姿をみていると
ふとポッキーの病気のことなんて忘れてしまう。


このところ、ずっと調子がよかったから余計にショックだった。






きのうから、トイレの失敗が続いている。

几帳面できれい好きなポッキー。
発病してからも、ちゃんとトイレで排泄していた。

くるくる廻りながらも よろよろしながらも
トイレでちゃんと済ませていた。

本当にけなげな姿だった。
ポッキー



濡れてしまったカーペットのそばで
ポッキーはじっとしていた。
あきらかに落ち込んでいる様子にみえる。



意思とはウラハラに身体がゆうことをきかない。

まっすぐ歩いているつもりなのに
行きたい場所にたどりつかない。



ポッキーはどんなキモチなんだろう。
ポッキー横顔




オシッコを拭いたぞうきんを洗いながら
涙が止まらなかった。


ビスコ


3チー



治ることはない病気。
脳の炎症は、やっぱり進んでいるのだろう。






先週、ハンギングバスケット(花の寄せ植え)の講習会へ行ってきた。
不定期ながら、とても楽しみにしているこの講座。
今回で3回目の受講だ。


これから夏にむけて
「長く楽しめて元気がわいてくるハンギング」というテーマ。
ハンギングバスケット


花はバーベナとトレニアの2種。
葉ものはコリウス、イレシネ。

つる性のグレコマがゆれて涼しげな感じがする。

もうひとつ、いちばん下にはワイルドストロベリー。
かわいい実がつくときが楽しみだ。



えみどん


ハンギングは植え込んだときがスタートだと
先生は教えてくれた。

そう、完成型はこれからなのだ。
もう少し全体が伸びてきたら
まぁるく刈り込んで、バランスを整えようと思う。




きょうのやぎ座は11位。
まぁ、そんな日もあるさ・・・。
コロンのほほえみ






ステロイド減量チャレンジはひとやすみ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村


ビスコちゃん「お手」は出来るけど「伏せ」は練習中です。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村


コメント・メールお待ちしています。
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村



キオク

少し前の話しです。


4月9日
みーくんが、平日にお休みがとれたので
茂原市のすいらんグリーンパークへ遊びに行きました。

1年ぶりのすいらん。

前回はプラムとスモモも一緒で
アジリティで遊んだり

フェンスをはさんで、大きなわんちゃんと競争をしたり
おもいっきり走りまわった思い出の場所です。
すいらん2011
そのときの様子はこちら
  ランナー
  4チー対抗選手権


ところがこの日
ポッキーは、全くまっすぐ歩けませんでした。
左へ・・左へ・・よろよろとしてしまいます。
ポッキー2
写真でも身体が左に傾いているのが
よくわかりますね。


広い芝生の敷地を
フェンスに沿って四角に歩くような状態です。


見かねて、リードをつけて
ゆっくり、ゆっくり歩きました。
ポッキー1


「これが現実」


もうあんな風には走れないことは
頭ではわかっていたはずなのに

1年前とのちがいに
胸が痛くなって、涙がでました。


コロンとビスコ
すいらんは初めてのビスコ
元気よくコロンを追いかけます。

その姿に少し救われた気持ちになりました。



すいらんグリーンパークから
車で10分ほどのところに

ポッキーたちのお里
ファニーポケット犬舎さんがあります。


ドッグランのあと遊びに行きました。


久しぶりの再会にみんな大喜び。


家族以外の人には警戒心の強いコロンも
ブリーダーさんにはチュー攻撃です。


初めてのお里帰りのビスコ。

最初はキョトンとしていましたが
すぐに、においや声を思い出して
おなかをみせて甘えていました。


優しいお人柄のブリーダーさんに抱かれて
ポッキーは安心した顔をしていました。


「なんか落ち着くんだよなぁ」
そう言っているようでした。


それから・・その翌日からなんです。

ポッキーは旋回が少なくなって
眼振もなくなって調子がいいんです。

お里に帰って
ブリーダーさんに甘えて
元気や勇気がわいてきたのでしょうか。


「脳が壊死すると記憶が失くなっていきます・・」
検査のあと、そう言われました。


でも、ポッキーのキオクは
まだまだ失くなってなんかいない。

衰えてなんかいない。


出かけたり、人やわんことふれあったり・・。


五感を刺激することで
ポッキーには、きっといい治療になっている。

そう思ってしまいます。


きのうの記事の元気な姿で

ねっ、効果があらわれているのが
よーくわかるでしょう。







壊死性白質脳炎は解明されていないことも多くて
まだまだ手さぐりな治療です。

この病気でがんばっているワンちゃんと飼い主さんの
少しでもお役に立てれば、参考になれば・・との想いから
ブログ村に登録をしています。


ご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村






気圧

ポッキーが
「壊死性白質脳炎」 と診断されて
まもなく2ヶ月が経とうとしています。


難病にも負けず
ずっと変わらず元気な様子だったポッキー。

でも、この頃は
やっぱり病気なんだな・・と思わせるような
変化があらわれてきました。

ビスコを守る
同じ犬舎出身のプラムくんと



いちばんは、同じ場所をくるくると廻る
「旋回」がとても多くなってきました。

脳に炎症や壊死があることで
本人はまっすぐに歩いているつもりでも

同じ場所を左まわりに
何度も何度もくるくると廻ってしまうのです。


目にも「眼振」という症状が出ています。

瞳が自分の意思とは関係なく
常に動いてしまうのです。

これもふらつきやめまいの原因を高めてしまいます。



そう・・・残念なことですが
元気そうに見えても
病気は確実に進行しているのです。


2週間ごとの診察。

今服用しているのは
ステロイド剤 2.5mg
脳圧を下げるシロップ 3.0mlを1日2回

そのほか、ビタミン剤・肝臓保護剤・胃薬
計5種類の服用です。


シロップ



ステロイド剤の服用は
椎間板ヘルニアを疑われてから飲んでいるので
もう半年ちかくになります。

副作用も身体にあらわれてきました。

自慢のふさふさな胸毛やお腹の毛が減りました。
ブラッシングで、身体がぼこぼこします。
それは、筋力が衰えて脂肪になっているからなのだとか。



今日は低気圧の影響で
台風並みの暴風雨になるようです。

脳炎は
気圧の変化にも左右されることが多いようです。



お天気、はやく回復しないかな。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村









Quality of Life

ブログを引っ越しするにあたって
今までの記事を そっくり移動するのは大変なので

このFC2では
また新たな出発をしたいなぁと考えています。


でもポッキーの病気のことだけは
これからのためにも
過去記事を少しだけ書き留めておきたいと思います。
検査行ってきます



前回の「やっぱり・・・」に引き続いて
ポッキーの闘病のはじまりについて綴ってみました。






椎間板ヘルニアの疑いから一変して
脳の病気ではないか・・と告げられたとき
やっぱり・・・と思ったわたし。

全身麻酔の検査には リスクはともなうけれど
きちんとハッキリと
病名がわかったほうがいい。


そう固く決心をして
MRIによる検査を受けることになった。




2月7日
東京大学付属動物医療センターにて検査



1日ががりの検査となった。


検査は無事に終了
夕方、ポッキーは麻酔から目が覚めた。






病名は
壊死性白質脳炎 (えしせい はくしつ のうえん) 


MRIによる画像診断が普及したことで
判明できるようになった病気。


白質(はくしつ)とは
脳の神経線維(繊維)が存在する部位のこと。


神経と他の神経をつないでいる箇所
その部分が炎症をおこし、やがて壊れてしまう。




白く光っているのが炎症箇所(造影剤により光っている)

左右に分かれた脳室の大きさがちがう。
左の脳には、すでに壊死している箇所がある。
MRI画像


ポッキーの場合
大脳・中脳・延髄に炎症箇所がみられるとのこと。




視覚・意識・運動機能・呼吸や体温の管理
脳にはたくさんの仕事がある。


炎症により、その仕事がおもうように出来なくなる。
壊死により、運動機能が妨げられる。




原因も治療方法も、まだまだ解明されていない。


じぶんのカラダを守るはずの免疫が
じぶん自身を攻撃してしまう、自己免疫疾患。


それを止めるためには
ステロイド剤や免疫抑制剤を使用するしかない。




これ以上 炎症箇所を広げないようにすること

これが、今できる治療だった。






検査から帰宅したポッキー
検査終了1




お兄ちゃんの帰りを待ってみんなで夕食
帰ってきたよ




いぬのきもちwebで
Aさんからコメントをいただいた。

「疾患だけはどうにもならないですものね。
 治る物なら良いけれど、治らない物もあるわけで・・
 共存共生・・なんだっけ・・えと・・くおりてぃおぶらいふ?
 生活の質を高める!(または維持する!)」


Quality of Life

ポッキーらしく
わたし達らしく
今までどおり楽しく暮らしていこう





コロンと
コロンと




ビスコと
ビスコと




みーくんと
みーくんと




もちろん えみどんはいつも一緒にいるよ





Quality of Life

この想いは これからも
この先になにがあっても
変えられない 我が家の信念になった。



いぬのきもちweb
個性  より抜粋







にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村




やっぱり・・・

わたしは今
いぬのきもちwebでブログを書いています。
     DSCN5983_convert_20120306102027.jpg

でもこの先、近い将来は
FC2ブログに綴っていきたいと考えています。


そう決めたひとつの理由


それは・・
長男ポッキーの病気について

わたしの本音を
心に溜めている言葉を

犬ブログのジャンルを超えて記したかったから。



時にやりきれない思いや不安を
ありのままに書いてしまうかもしれません。






いぬのきもちweb
「えみどんとお菓子どんぶり」
     向きあう
     飼い主のカン より抜粋



ポッキーのカラダの異変に気がついたのは
昨年の8月末頃。


生後3ヶ月のビスコを
我が家にお迎えしたころだった。
          DSCN5946_convert_20120306101834.jpg


おしっこの時
片足をあげるとふらついたり

うんちの時
うまく踏ん張れなくて、前のめりになったり


ん? なんかいつもと違う?

それが始まり。


病院での診断の結果は
椎間板ヘルニアが疑われる・・とのことだった。



身体の負担や副作用を考慮しながら
ステロイド剤の投与でふらつきをコントロール。


定期的に血液検査もして・・・。


ビスコを迎えて間もないというのに
大きな壁に直面した気がした。


それでもかわいい3兄妹は
一日一日、絆を深めているようで

ポッキーとコロンは妹の遊び相手をして


               DSCN5717_convert_20120306101808.jpg


     DSCN5967_convert_20120306102204.jpg






ビスコは兄と姉を慕っていた。
               DSCN5709_convert_20120306101721.jpg


     DSCN5939_convert_20120306105852.jpg






そんな姿に心を癒されて

「焦らず、長い目で見守ろう」
そう決めていた。
               DSCN6106_convert_20120306102402.jpg





ところが
診断から5ヶ月が経過するころ
わたしの中には少しずつ違和感が出てきた。


ホントに腰なのかな?
ホントに椎間板なのかな?


ごはんをよくこぼしたり
クルクルまわって、落ち着かないときがあったり・・・。


     DSCN5989_convert_20120306102232.jpg


日常のなにげない変化。


なにかが違う。


笑顔が違う。




飼い主だからこそ
毎日一緒にいるからこそ

感じる違和感。



おもいきって訪れた、別の病院で
わたしたちが聞かされたのは


脳神経系の病気ではないか・・という言葉だった。




わたしは、驚くよりも
「やっぱり・・・」と思った。








にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。